DNAワークブース NSV-4

効率的なUV照射でコンタミネーションを防止します。
多検体のPCRを扱うコンタミネーションが許されない研究・検査に最適です。

◎ DNAワークブースとは

 厳密に保護して注意を払っても生じてしまう、コンタミしたDNAの増殖によるPCR反応の偽反応は、常に問題となっています。これらのDNAのコンタミは、髪・皮膚・コンタミされた手袋で不注意にPCRの実験作業表面を触れることによってもたらされます。これまでの研究によって、これらのコンタミは実験機器等をUV照射をすることによって、効果的に防げることが明らかとなっています。
そこでDNAワークブースNSV-4は、このコンタミを防止するために紫外線(254nm)を効率よく照射するように設計されております。

  ・ガスバーナー、フットスイッチは接続できません。

◎ NSV-4の規格・仕様

品名 DNAワークブース
型式 NSV-4
照明
(蛍光灯15W数)
2
UVランプ
(15W本数)
4
UV用タイマー 1 ~ 60分(初期設定:30分)
作業用コンセント(個) AC 100V x 2個
前面シャッター 上下スライド方式(UVランプ自動消灯機能付き)
外装 ボンデ鋼レザートン焼付塗装仕上げ
作業台面 SUS304
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力(W) 90
重量(kg) 50
外寸
(W x D x H mm)
700 x 590 x 800
作業面内寸
(W x D x H mm)
650 x 470 x 625

◎ NSV-4のUVランプの定格

型名 照明
(蛍光灯15W数)
大きさ 15W
定格電圧 100V
ランプ電流 300mA
紫外線出力 3.0W
距離1mにおける

紫外線放射強度

31μW/cm2
距離0.6mにおける

紫外線放射強度

約100μW/cm2

イプロス医薬食品技術
カタログダウンロード

イプロス内の弊社(バイオラボ事業部・環境機器事業部)オンラインカタログ一覧ページです。