窒素ガス発生装置 NGS-40

◎ 自動窒素ガス発生器NGS-40の特長

  1. 窒素ガスボンベが不要でガス切れ・ボンベ交換がなくなります。
  2. 電源さえあれば高濃度(99.9%)の窒素ガスを発生します。
  3. 音が静かで振動も少なく実験室においても気になりません。

◎ 使用方法

酸素濃度設定機能を持っている低酸素炭酸ガス細胞培養器と組み合わせて使用すれば、自動的に空気中の窒素ガスを高濃度に濃縮して装置内タンクに蓄えておき、細胞培養器に供給します。そのため窒素ガスボンベは必要なくなりますので、重いボンベの交換や維持管理の労力から解放されます。(ただしCO2ボンベは必要です。)
窒素ガスの消費に従って間歇的に動作するので消費電力も少なくてすみます。動作時間は培養器の室内容量と酸素濃度設定値により変わります。

◎ NGS-40の規格・仕様

品名 自動窒素ガス発生器
型式 NGS-40
外寸
(W x D x H mm)
400 x 370 x 750
窒素ガス濃度 99%以上
最大取出流量 (L/min) 4
重量 (kg) 65
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力(W) 350

イプロス医薬食品技術
カタログダウンロード

イプロス内の弊社(バイオラボ事業部・環境機器事業部)オンラインカタログ一覧ページです。